原辰徳

    

原辰徳の伝説

  
---原辰徳という男:原辰徳の伝説---

原辰徳のジャイアンツ入団前は、 東海大相模高に在籍。1年生から三塁手のレギュラーとして活躍。夏の甲子園に3年連続で出場し、1975年の春の甲子園にも出場している。 その後、プロ入りを果たし、「若大将」、「ヤングミスター」とも呼ばれ、ポストON時代の巨人軍の立役者である。その後、原辰徳は監督にもコーチや監督にも就任。長嶋監督のコーチ時代にはホームランを打った選手への出迎えが長嶋監督とそっくりであることなどから、マスコミは「チョーさん(長嶋)が二人いる」と評した。

原辰徳の歩み−その1:高校時代−

---原辰徳という男:原辰徳の伝説---

父が東東海大学付属相模高等学校監督就任に伴い、神奈川県へ移住。原辰徳自身も1974年に東海大相模高校に入学。 東海大相模高時代にはなんと、1年生から三塁手のレギュラー。夏の甲子園に3年連続で出場し、 1957年の春の甲子園にも出場。この大会では準優勝の成績。甲子園の各大会では、 後にプロ野球でも活躍する定岡正二など名勝負を演じる。地区大会の神奈川県大会では、川崎球場を満員にするほどの「原フィーバー」を巻き起こした。高校通算本塁打は43本。

その後、原辰徳は東海大学に進学。大学1年の秋に行われた明治神宮野球大会では、東京六大学リーグのエースであった法政大学の怪物、江川卓と対戦。4打数2安打1本塁打とを残した。3年時に日本で開催された日米野球では、早稲田大学4年の岡田彰布と3番、4番を組んだ。この大会でも逆転満塁本塁打を放つなど大活躍。大学4年時には、秋の明治神宮野球大会で1試合3本塁打を放つなどの活躍を見せ、「長嶋の再来」とまで言われた。


原辰徳の歩み−その2:プロ時代−

---原辰徳という男:原辰徳の伝説---

原辰徳は、1980年 ドラフト会議において、巨人のの藤田元司監督が4球団競合の末に1位クジを引き当てることにより、憧れのジャイアンツ入団が運命的に決定。背番号は「8」を受け継ぎ、エイトマンが応援歌となった。

1981年 原辰徳は当初は二塁手として出場するが、当時三塁手であった中畑清の故障によりアマチュア時代からのポジションである三塁手に戻り、レギュラーに定着。22本塁打を放ち新人王を獲得。その後も12年連続20本塁打以上を記録することになる。

1982年 最多勝利打点を獲得。 1983年 MVP、打点王、最多勝利打点を獲得。

1986年 対広島戦で直球をファールした際に左手首を骨折。このころからアキレス腱痛などにも悩まされるが1987,88年と2年連続3割30本を記録。 ここまでが、原辰徳の全盛期であろう。

1989年 藤田監督が復帰し外野手(左翼手)へ転向。 1992年 再び内野手(一塁手)に転向。全盛期から若干は、落ちるもののコンスタントな成績を残す。

1993年 三塁手に再コンバート。この頃から、成績はガタっと落ちてきている。 1995年 現役引退。同年、ポストON時代の巨人を牽引した四番打者に対し、 背番号8を永久欠番にとの署名が多く集まり、巨人は「準永久欠番」に決定。


原辰徳の歩み−その3:引退以降−

スポンサードリンク
---原辰徳という男:原辰徳の伝説---

1996年から原辰徳は、NHK「サンデースポーツ」のメインキャスターを1999年3月まで務める。

1999年 原辰徳は 巨人の野手総合コーチに就任し球界復帰。 2000年 ヘッドコーチに昇格。 2001年 シーズン限りで勇退した長嶋茂雄の後任として巨人監督に就任。

2002年 監督として初シーズンの原辰徳は、大胆な選手起用を行い、就任1年目にして日本一に導いた。

2003年 チームの4番だった松井秀喜がFA宣言によるニューヨーク・ヤンキースへ移籍したことも、原辰徳監督にとっては痛手だっが。しかし、それ以上に、相次ぐ主力野手の故障、投手陣の低迷等によりチームの勝率は思うように上がらず、わずか2年で監督を辞任。巨人軍特別顧問に転任した。

2005年 チームの成績不振により堀内監督が辞任。原辰徳は2006年から再び監督に就任。 2006年 開幕ダッシュには成功したものの、やはり途中から故障者が続出。若手選手も育ちきっておらず、4位、2年連続Bクラスという結果になる。

2007年 打撃力が向上、投手陣の改革により、5年ぶりのリーグ優勝。

やはり、監督というものは選手とは違った苦悩があるように伺える。

Copyright © 2007-2008 All rights reserved.